妊娠初期-赤ちゃんへの影響とお菓子の食べ過ぎ

妊娠初期はつわりにより、満足に食事を摂れない場合が多いです。
そんな妊娠してすぐの時期にどうしても気になるのが、栄養不足です。

食べれない状況で栄養不足が起きたら、お腹の赤ちゃんに悪い影響があんじゃないか?
という事が心配になります。

栄養不足が赤ちゃんに影響ある?

妊娠が発覚して喜んでいるのも束の間、間もなく辛いつわりが始まります。
つわりの軽度は人それぞれですが、食事の好みが変わったり、吐き気を伴い食べることが出来なくなる方が多いです。
私自身もそうでしたが、ほとんどの食べ物を受け付けなくなり、食べられる物はごくわずかに限られていました。

栄養不足、気になりますが、この頃の赤ちゃんは、それまでにお母さんの身体に蓄えられた栄養を使って成長していきますので、あまり栄養のことに気を配らなくても大丈夫です。

なんにも食べられなくなってしまい、水分も受け付けなくなってしまう程でしたら、病院へ行く必要がありますが、少しでも食べられる場合は、栄養のことはそこまで心配しないでください。

食べられるときに食べられる物を食べてくださいね。
気になるようでしたら、葉酸サプリなど売っていますので、それを取るようにするといいです。

定期検診で質問を

妊娠初期につわりがひどくて、あまりに食べられないという場合には検診の時に診てもらいましょう。

血液検査、尿検査などから、貧血、鉄分不足、ケトン体が出ているなど、詳しく測定してもらえます。
この時に測定された各数値を見て、担当医が必要だと判断した際には点滴などの処置がしてもらえます。

気にしすぎない

山梨県にゆずり原という地域がありますが、この地域では昔からの言い伝えで、妊娠中にあえてわざと食事を食べないように、小食にする風習があるそうです。

食べない事で母体の酵素が集中的にぎゅっと胎児の方へ届くことになり、結果的に元気で病気もせずに長生きできる体質になるのだそうです。

つわりで食べられない時はまわりからの心配もあり、お腹のためにもっと食べろとか、何か食べられるものが無いか必至で探したりしてプレッシャーがかかる事が多いです。

でも、よほどケトン体が出てくる程栄養不足にならない限りは、母体も必要があってつわりが起きていると考えて、無理に食べようというプレッシャーを与えないのも重要です。

あまり食べなければいけないという事ばかり考えてしまうと、余計にたべられなくなりますから。

食べられればお菓子でも食べた方が良い?

食べたいものを食べられるときに。と産院の先生から言われる事も多いです。
なんでもいいです、お菓子でも食べた方がいいと思います。

出来れば、豆乳で出来た物や、野菜が入ったもの、葉酸や鉄分が入ったヨーグルト等、少しでも身体によさそうなお菓子がいいと思います。
全く何も食べられないのでは困ります、少しでも食べた方がエネルギーになりますので食べることをオススメします。

私も、菓子パンや、グミなど、食べられる物を食べていました。

つらい・気持ち悪い時期でも食べられるものをたべることによって、より多くのものが食べられるようにペースが増すという事もあります。

一方で、お菓子に関しては否定的な意見もあり、アレルギーや、発達障害を持つ子どもに育つ可能性が増えるという方もいます。

この辺はデリケートな食事バランスの問題ですから、食べられるものでペースを付けつつ、できれば体に良いものを摂っていくといった、バランスの良い工夫が大事です。

体に良いものにこだわりすぎて食べる量が減りすぎるのも避けたいですし、体に悪いものばかりに集中するのもまた危険という事ですね。

まとめ

妊娠初期のつわり時期には、バランスをみつつ極度の栄養不足だけは避けるようにしたいです。

でも、満腹を目指してお菓子を食べ過ぎるというのも避けましょう。
妊娠前と同じぐらいの満腹状態に食べる事にこだわる必要はありません。
小食の方が赤ちゃんに良い説、お菓子を食べ過ぎるのも危険という説もありました。

多少、小食ぎみでもOKとしつつ、栄養不足が気になる場合には妊婦さん向けのサプリメントで栄養を補給する事もおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ